古いピアノや故障したピアノは買い取って貰える?

買取して貰えるピアノと出来ないピアノ

こんなピアノは買取できる?

ピアノ買取を依頼するにあたってさまざまな不安があると思います。ピアノ買取に関する不安について見てみましょう。

◆ 古いピアノは買取できる?

30年前、40年前……あるいは50年前のピアノが自宅に眠っているかもしれません。演奏はできるものの買取不可ではないかと考える人もいるでしょう。古いピアノは買取できないと査定時に言われた経験がある人もいると思います。
古いピアノの買取可否は業者によって異なります。一括査定サービスに見積もり依頼するときに製造年月日を記入しておくと、古いピアノの買取に強い業者が名乗りを上げてくれます。都度査定見積もりを依頼しなくてよいのでおすすめです。

◆ 故障したピアノは買取できる?

故障したピアノは需要がないと考える人もいるかもしれません。でも、一部の買取業者は故障したピアノを修理して再度販売できるようにしています。
たとえば音が鳴らないピアノは買取がしやすいです。ピアノの部品が錆びていたり調律が狂っていたり、あるいは動かない鍵盤がある程度でも修理できます。
ただし、ネズミや虫にかじられたり火災や水害に遭ったりしたピアノの買取は難しいです。一部の特殊な買取業者を除くと、引き取り時に処分費がかかってしまうかもしれません。買取可能または処分費無料で引き取りしてくれるピアノ買取業者を探しましょう。

◆ ネズミにかじられたピアノは買取できる?

ネズミや白アリ、その他の虫にかじられたピアノは買取が難しいです。多くの買取業者は買取不可とされてしまいます。
ただし、ピアノの外部や内部の傷みの状態やかじられた動物や虫の種類、被害に遭ったパーツ次第で買取できる場合もあります。ネズミにかじられたからと言って諦めず、傷みのひどいピアノ買取ができる業者を探しましょう。

合わせて読みたい情報:
買取できないピアノとは?
引越し時のピアノは大きな悩み

もっと高く売る!ピアノ買取高額鑑定術

ピアノをより高い値段で売るときにちょっとした工夫をすることをおすすめします。ピアノの買取価格を上げる方法をご紹介します。

◆ たくさんのピアノ買取業者に査定を依頼する

多くのサイトがたくさんのピアノ買取業者に査定依頼することをおすすめしています。複数の業者に見積もりを依頼すると、ピアノの買取価格の相場がわかるからです。
同じピアノでも買取業者によって高額になったり買取不可になったりすることがあります。その理由は、ピアノメーカーや製造年月日、売り主のお住まいの地域によって買取可否が変わるからです。
ただし、個別にたくさんのピアノ買取業者に査定を依頼するのは手間がかかります。当サイトをご覧になっているあなたはすでに一括査定サービスをご存じなので、ぜひ一括査定サービスをご活用ください。

◆ ピアノの付属品は揃える

ピアノは本体だけでなく付属品を揃えておきましょう。 トップカバーや鍵盤の上に載せる布といった付属品は一緒に売るようにしましょう。ピアノの高さに合った椅子も併せて売ると買取価格が高くなる可能性が上がります。
たとえば、株式会社グランドギャラリーは「査定額に影響する付属品もある」、ピアノバンク株式会社は「付属品は査定対象外」など買取業者による差があります。株式会社ユニオン楽器は「椅子は無料引き取りできる」という対応を述べていました。
使わなくなった付属品は自宅に残っていても邪魔になるだけです。一括査定サービスなら付属品の買取可否もわかるので合わせて見積もり時に依頼しましょう。

◆ ピアノをきれいにする

ピアノの見積もり査定を依頼したら、業者が査定に来る前に掃除してきれいにしましょう。
ピアノ全体は柔らかい布で軽くほこりを払います。もしピアノ用の羽毛があるならそちらを使いましょう。鏡面艶出し塗装のピアノならユニコンで拭き取るようにしてください。光沢感が出て新品のような状態になるはずです。
また、鍵盤の部分は指紋や汚れがつきやすいため柔らかい布やクロスで拭き取ってください。もし汚れがひどい場合は柔らかい布に石鹸水を染み込ませ、固く絞ったあとに拭き取りましょう。さらに乾いた布でから拭きしてお手入れします。

合わせて読みたい情報:
業者選びで失敗しない為に大事な事とは?